手ぐり角皿銀彩【鎌倉彫】
5bd93dd250bbc32bc00002a0 5bd93dd250bbc32bc00002a0 5bd93dd250bbc32bc00002a0 5bd93dd250bbc32bc00002a0 5bd93dd250bbc32bc00002a0 5bd93dd250bbc32bc00002a0 5bd93dd250bbc32bc00002a0

手ぐり角皿銀彩【鎌倉彫】

¥33,000 税込

送料についてはこちら

“日常で使ってもらいたい” 鎌倉彫職人の矢沢は、職人の世界に入って既に50年以上が経つ。 矢沢が木を彫るときは、模様などを彫刻するときではなく、器を削りだすときが多い。 「自然を生かした器をつくる」 矢沢は骨格が美しく、自然そのものが表れている縄文土器が大好き。 木や漆の本来持っている性質、自然そのものを生かした器をつくることを探求している。 そして日常づかいしてもらえる器をつくり続けている。 矢沢はよく「漆器は育てるものだ」と語る。 漆器は使えば使うほど艶が増すだけでなく、強度も増すという不思議な特徴がある。 使い古すのではなく、使い込んで、育てて、次の世代に渡す。 そんな魅力が漆器にはある。 700年以上の歴史を持つ鎌倉彫。 植物の模様が彫刻で彫られ、朱の漆で色づけされているものが一般的だ。 だが、矢沢の器は鎌倉彫特有の派手さはなく、むしろ生活空間に馴染む形と色彩だ。 矢沢の代表作であるこの「銀彩」シリーズは銀粉を使用している。 銀と聞くと派手に感じるが、銀彩シリーズはシンプルな器の形とあいまって、生活空間にも馴染む美しさのある器が揃っている。 「古いものが大好き。古くなった漆は本当に美しい。」 そう話す矢沢の器を古くなるまで使い続けたい。 「手ぐり角皿銀彩」 ■サイズ 幅:約230mm 高さ:約20mm ■素材:朴(ほお)、漆、銀粉 ■原産国:日本 「作り手」 ■鎌倉彫 矢沢光弘 職人の世界に入って既に50年以上が経つ。 骨格が美しく、自然そのものが表れている縄文土器が大好き。 木や漆の本来持っている性質、自然そのものを生かした器をつくることを探求している。 http://arvr.jp/yazawa/